介護タクシー赤とんぼ(080-5511-7836) Top pageContactback
spacer
spacer
ファーノ社製高機能ストレッチャー
救急隊が使用しているものと同仕様のロールイン型ストレッチャーです。

このストレッチャーはストレッチャー部とトランスポーター部に分かれるエクスチェンジ・ストレッチャーです。

ストレッチャー部は、バックレスト(上半身側)とフットレスト(下半身側)の角度調節が可能で、患者様の病態に合わせて体位管理を行う事ができます。

ストレッチャー部は担架として使用できる他、ワンタッチで椅子型(チェアーポジション)にもなり、狭い場所でも取扱いが可能です。
車載時はストレッチャー前後の固定装置でしっかり安全確保しています。
専用ポリウレタンマットレスと40mmの特注低反発マットレスをWで敷いているので、寝心地が良く長時間の搬送も快適に過ごせます。
呼吸不全や心不全に対応した
半座位(ファウラー位)
循環血液量減少性ショックに対する
足側高位
(ショック体位・トレンデレンブルグ体位)
腹部外傷や腹痛に対応した
膝屈曲位(コントゥアー位)
+可倒式エアウェイ機構(気道確保)
ワンタッチでチェアーポジションに
変形させることが可能
 
専用ウレタンパッド(左)と
特注
40mm低反発マットレス(右)
後部固定装置(ファスナー) 前部固定金具
back
spacer
spacer
ファーノ社製スクープストレッチャー

身体を必要以上動かすことなく、安全に簡単にベッド等からストレッチャーへの移乗が可能です。

患者様をすくい上げる構造なので、体位変換などによる痛みや二次的損傷を最小限に抑えることができます。

2ヶ所の連結部からなり、一方あるいは両方をはずして挟み込むように使用し患者様を固定します。
患者様の身長にあわせて長さを調節(4段階に調節可)します。
搬送状況等にあわせて固定を補うための特殊ベルトも用意しております。
患者様の両サイドから体の下にすくい入れる 長さは4段階に調節可能 1ピースタイプストラップ(218cm)
上下を接続しベルトで体を固定
back
spacer
spacer
リクライニング車椅子(介助式)
「リクライニング機能」→背もたれの角度を90〜170度まで調節可能、エレベーティングフットサポートを引上げてフルフラットな状態でもご利用出来ます。
「ティルト機能」→座面の角度を最大0〜40度まで調節可能、お尻・太ももにかかる体重を背中や腰に分散させることが出来ます。前ずれの防止にもなります。
「多彩な調整機能」→フット・レッグサポートの位置調整、エレベーティング機能、アームサポートの高さ調整、シートのテンション調整など、ご利用者様の体に合わせた細かい調整をすることで快適な座位姿勢を保つことが出来ます。
アームサポートのウイング機能やフット・レッグサポートのスイングアウト機能により、スムースな移乗が可能です。またロングホイルベース、転倒防止バー、テンションバーなどにより安定性を増し安全を確保しています。
点滴用ガートル棒や酸素ボンベの取付が可能です。
リクライニング機能 ティルト機能 エレベーティング、フット・レッグサポート
back
spacer
spacer
標準型車椅子(介助式/自走式)
介助式又は自走式の標準型車椅子4種(台)を用意しています。

前後にしっかり効いて安全なバンド式介助ブレーキ付き(自走式はハンドブレーキ無し)です。ずれ落ち防止の安全ベルトも備えています。
リフターの専用固定装置でしっかり昇降時の安全確保をしています。
全ての車椅子に点滴用ガートル棒や酸素ボンベの取付が可能です。
ギブス等で足が曲げられない方のためにエレベーティングフットレスト(左右独立)を用意。
首のすわりが悪い方のためにフットレストを用意しています。
専用50mm低反発クッション(座布団)を敷いているので、座り心地が良く長時間の搬送も疲れません。
ウイング式アームサポート ヘッドレスト エレベーティング式フットレスト 自走式大型車輪
リニアリフト 点滴棒、酸素ボンベ取付可能 リフトの車椅子固定装置
back
spacer
spacerAED(Automated External Defibrillator)
自動体外式除細動器
自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)とは、様々な原因で心臓が痙攣を起こしている傷病者(患者)の心電図を測定・解析を行ない、必要に応じて電気ショックを与え、血液を送り出すための正常なリズムに戻すための医療機器です。

医師や救急救命士の到着を待ってから治療を始めるのでは倒れた方の多くを救命できないから、弊社の車両にもAEDを搭載することにしました。何もしない・何も出来なかった後悔だけはしたくありません。
私(乗務員)は、患者等搬送乗務員講習や上級救命講習にてAEDのトレーニングを定期的に受けています。
☆重要☆
AED設置場所検索はこちらから。万が一に備え、ご自宅周辺のAED設置施設等を是非確認しておいて下さい。
AED詳細は日本心臓財団のAED総合サイトでご確認ください。
back
spacer
spacer
酸素ボンベ
酸素ボンベは500L/min3本までご用意できます。
流量計は0.5〜10L/minFSのフロート式流量計、目盛精度±10%of reading
低流量設定用に0.25〜4L/minFSのダイヤル式流量計も用意しています。
酸素マスク・酸素カニューラも常備しております。
ストレッチャーへ取付 リクライニング車椅子へ取付 標準型車椅子へ取付 圧力調整器、流量計、加湿器
     
酸素マスク カニューラ
back
spacer
spacer
痰吸引器
ポータブル吸引器パワースマイルKS-700
最大吸引圧力:-80KPa以上、排気流量:13L/min (ポンプ単位の排気量)

充電式バッテリーを2個用意しています。フル充電のバッテリー2個で約60分の連続使用が可能です。もちろんカー電源にも対応しているので長距離搬送でも全く心配ありません。
吸引カテーテルは3(10, 12, 14Fr)を常備しています。これ以外のサイズが必要な場合は事前にご相談下さい。
吸引器のご使用は医師、看護師又はお付き添い(ご家族)等、医療行為が認められている方に限ります。
吸引カテーテル
back
spacer
spacer
バイタルサイン・チェック用器材
医療依存度の高い患者様が医師・看護師付添にて介護タクシーをご利用されるとき、患者様のバイタルサインをチェックするための医療器材を常備しております。
パルスオキシメーター:赤色・赤外の2種類の光を利用して、血液中のヘモグロビンうち酸素と結びついているヘモグロビンの割合(血中酸素飽和度/SpO2)をパーセント(%)で表示します。脈拍、体温、血圧、呼吸に加えSpO2は第5のバイタルサインと呼ばれています。疾病の重症度判定、在宅酸素療法下での酸素処方や患者の管理指導、呼吸疾患スクリーニング、診断、経過観察、自己管理などの様々な目的で利用されています。詳細はこちら パルスオキシメーター知恵袋
血圧計:手首式デジタル自動血圧計(常備)、上腕式デジタル自動血圧計
体温計:予測式+実測式、洗浄・消毒可能な防水型(H22 9/14より車載)
血圧計 パルスオキシメーター 体温計
back
spacer
spacer
その他救命処置・応急手当に必要な主な資器材
呼吸管理用器材:心肺蘇生時、人工呼吸を行うときに使用します。
バッグバルブマスク、ポケットマスク、人工呼吸用マウスピース

保温用資材:傷病者の体熱の放散や体温低下を防ぐためなどに使用します。
毛布、バスタオル、保温シート、枕、ビニルシートなど
創傷等保護用資材:外傷の保護、止血、被覆、固定等に使用します。
三角巾、包帯、ガーゼ、絆創膏、タオル、消毒薬など
その他資器材:はさみ、ピンセット、使い捨てマスク、使い捨て手袋、膿盆汚物入れなど
バッグバルブマスク ポケットマスク ファーストエイドキット 三角巾、ガーゼ、保温シート等
  
水枕 膿盆
back
spacer
spacer
布担架
ベルトを肩からかけて担いで搬送できます。緊急時は一人でも搬送可能。現在はスクープストレッチャーを用意しているので、あまり出番はありません。予備として車載しております。
2人で担ぐ場合 1人で担ぐ場合
back
spacer
spacer
介護用品など
ミトン:病院でレンタルされていた患者様が、転院先病院までの搬送で繋ぎ的に必要な場合の為にご用意しました。毎回使用後に洗浄、消毒を行っています。
紙おむつ、リハビリパンツ:男女兼用タイプ、Mサイズ。実費にてご提供させて頂きます。
紙おむつとリハビリパンツ(共に男女兼用タイプ)
back
spacer
spacer
正弦波インバータ
完全正弦波タイプのインバータ、定格電力範囲内で使用する機器に制限はありません。
連続出力:350W
波形歪は商用電源より良好な3%、水晶制御に依るため高安定周波数0.05%。出力変動+/-5%。
輸液ポンプ、シリンジポンプ、その他医療機器の電源として使用できます。
医療機器のご使用は医師、看護師等、医療行為が認められている方に限ります。
back
Copyright(C)2012 Care Taxi Akatombow All Rights Reserved.